徒然なるままにその日暮らし

a2kturedur.exblog.jp ブログトップ

メッセージ

c0308505_23181813.jpeg
メッセージ
ドゥニ・ヴィルヌーブ 監督作品/原作 テッド・チャン
エイミー・アダムス/ジェレミー・レナー/フォレスト・ウィテカー
第89回アカデミー賞 音響編集賞
’16/米/1h56
山形フォーラム
平成29年5月24日

 ひとり、女の子を育てるルイーズ。彼女の娘は成人を前にし死亡する。
 言語学で大学で教鞭をとるルイーズ。ある日学内が騒がしかった。授業の最中に学生からニュースを点けるように要求される。ニュースでは突然地球上の12箇所に巨大な宇宙船が出現したことを伝えている。大学はすぐに授業を停止し学生を返した。大学のルイーズのもとに軍人が現れ協力を要請する。ルイーズは以前、軍隊に翻訳で協力し高い評価を得ていた。軍人は宇宙人と接触しているが意思の疎通が計れない。言語学者として解析をして欲しいと。一度は断るルイーズだが夜中、就寝する自宅に軍隊のヘリが現れ正式に協力を依頼された。草原に浮かぶ巨体な宇宙船。一緒に解析をするのは言語物理学者のイアン。二人はすぐに身体検査と予防接種を受け防護服に身を固め宇宙船の中へ。宇宙船では決まった時間おきに入り口が開き内部で宇宙人とコンタクトができた。内部は途中で重力が変化し始めての時は馴染めなかった。地球上12箇所の国と地域はそれぞれに経過を伝え合っていたが肝心な部分は隠していた。宇宙人はその形状からヘプタポッドと名付けられた。7本の脚という意味だった。音声によるコンタクトに見切りをつけたルイーズはホワイトボードを持ち込み文字での疎通を試み、丸い墨文字のような反応を得る。コンタクトを取り始めようやく文字の解析に成功したルイーズの翻訳は「武器を与える」と言うものだった。各国の軍人は地球侵略の前触れと受け止め軍隊による攻撃に舵を切る。アメリカの解析チーム内でも分裂が生じ入り口に爆発物が仕掛けられる。そのことを知らないルイーズは意思の疎通に掛け直にコンタクトを試み、時間を超越した人類のためのメッセージを受け取る。それには12箇所のデータをまとめ解析が必要とされたがすでに各国の回線は切られ疑心暗鬼に陥っていた。ルイーズはヘプタポッドからのメッセージを受け取り解析学者として成功していた。そこで軍事行動を起こす指導者と面会した。

[PR]
# by a2k_turedure | 2017-05-24 23:19 | 徒然なるままにキネマ’17 | Trackback | Comments(0)

ウツボカズラの甘い息

c0308505_22171931.jpeg
ウツボカズラの甘い息
柚月 裕子[著]/幻冬舎

 旧姓牟田文絵は美人だが精神的に脆く、二人の幼い娘を抱え、夫の言動に怯え、ぶくぶくと太った生活をしていた。唯一の楽しみは様々な懸賞に応募することであるディナーショーに当選していた。ディナーショーでガツガツと料理を味わっている会場で故郷での中学の同級生のサングラスをした裕福そうで綺麗な女性に声をかけられた。彼女は地味で目立たなかった自分が今こうして生活できているのは綺麗だった牟田さんが中学生の時に声を掛けてくれたことが励みになった。恩返しをしたいから今自分が手がけている会員制化粧品の手伝いをしてくれないかと。
 神奈川県鎌倉警察署管内の貸し別荘地で殺人事件が発生した。被害者は所持品から東京で会員制化粧品を販売する会社の役員だった。神奈川県警の秦圭介は鎌倉署の新人女性刑事と組むことになった。秦は昔、新人女性刑事と組んで散々な目にあったトラウマを思い出した。今度の新人女性刑事は美人で優秀だった。秦は結婚しているが妻は植物状態で病院におり看護は妻の両親にまかせっきりになっていた。殺人事件は別荘地で目撃されたサングラスの女性が関わっているとみられていた。
 文絵は化粧品販売の手伝いをすることに決めてから生活に張りを持ちみるみる昔の綺麗さを取り戻していった。月に何度か会員への化粧品説明のセミナーの講師を務め、肩書きは便箋上代表になり月50万の報酬を得ていた。
 秦がたどり着いた会員制化粧品販売会社は東京のこじんまりした雑居ビルに入居していたがすでに引き払われ、その化粧品会社は非上場株の詐欺事件で消費者被害の訴訟が準備されていた。訴えた被害者の情報から代表と名乗る女性の身元が判明し捜査本部は本ボシと断定し高村文絵を逮捕した。
 高村文絵は幼い娘を事故で亡くし解離性障害で治療を受けており、秦は高村文絵の証言をもとに文絵に化粧品販売を進めた中学の同級生の証言を得るべく捜査を進めたが、すでに死亡しそれがマルチまがい商法に引っかかり自殺を遂げていることから何か奥に引っかかるものを感じていた。

[PR]
# by a2k_turedure | 2017-05-22 22:18 | 徒然なるままに乱読記’17 | Trackback | Comments(0)

岩沼市の海岸線

c0308505_08553322.jpg
 昨日の続き、岩沼まで来たついでに海まで行ってきた。
 海岸沿いは広大な緩衝地帯として整備が進んでいるようで、ところどころに震災時の津波の高さ8メートルよりも高い11メートルの避難用の築山が築かれ
c0308505_09002167.jpg
 遠くに海が見える。
c0308505_09011656.jpg
 実際に海岸線に行けるところは少なくて、他の車の追っかけて海岸に近づけるところに来ると、数キロに及ぶような長大な堤防が作られていました。
c0308505_09050811.jpg
 堤防の上に登るとやっと海が、何事もなければ穏やかで気持ちがよく癒される場所なんですがね。
c0308505_09072359.jpg
 北を見ても
c0308505_09075532.jpg
 南を向いても堤防が続いている。

[PR]
# by a2k_turedure | 2017-05-21 09:09 | 徒然記 | Trackback | Comments(0)

竹駒神社

 宮城県で鹽竈神社と一、二をあらそう初詣客が多いという、宮城岩沼市の竹駒神社。
c0308505_21352159.jpg
別名「竹駒稲荷」日本三大稲荷だという。正直、日本三大稲荷というからもっと大きな境内かと思っていたんですが岩沼市の街中にあって最初、以外とこじんまりした印象。
c0308505_21395409.jpg
 拝殿の奥の本殿。立派な知木。知木の形で、神様が男神か女神の区別があったはずですが忘れてしまった。
 この拝殿の地下には通路があって竹駒神社元宮跡地が祀ってある。平成2年に放火によって焼失しその後再建の際に祀られたそうである。
c0308505_21493378.jpg
竹駒神社の楼門、正面から随神門。楼門の中で参拝客を見つめているのは仁王像ではなくお稲荷様。拝殿の方から見るとお稲荷様ですが前から見ると何というか神主のような背中合わせになっている。
c0308505_22082526.jpg
随神門と拝殿の間にあるのが向唐門。
c0308505_22102743.jpg
竹駒神社の入り口の赤い大鳥居
c0308505_22111481.jpg
大鳥居の先に進む参道。しかし何故か大鳥居から参道が真っ直ぐではなくてクランクになっていて
c0308505_22130111.jpg
まるで、自分が真の鳥居だと主張するように二本の松が立っています。
こうして竹駒神社を見ると、周りにも色々な関連施設があって最初こじんまりと感じた印象も違ったていた。

[PR]
# by a2k_turedure | 2017-05-20 22:17 | 徒然記 | Trackback | Comments(0)

シリーズゲノム編集2 「がんを根治!?医療で始まる大革命」

NHK教育 サイエンスZERO  平成29年5月14日 放送

専門家ゲスト 山本 卓 (広島大学大学院理学研究科 教授)(日本ゲノム編集学会会長)

 

 細胞の奥深くに仕舞われた生命の設計図ゲノム。無数に並ぶ遺伝子によって体の作りや病気にかかりやすいといった運命が左右される。その遺伝情報を自由に切り張りし書き換えられる技術を手にしたのです。それがゲノム編集。これまでとは驚くほど簡単に正確に書き換えられる。体つきの違う魚やアレルギー物質を持たない卵などが作られている。サイエンスゼロが送るゲノム編集特集の第二回目。ゲノム編集が招く医療の応用を紹介する。

 病気の治療に大革命!ゲノム編集医療

 ゲノム編集の研究で世界のトップクラスに急浮上しているくに中国。3月末上海市内で大きな学会が開かれた。集まったのは国内で活躍する若手研究者たち。中国政府は2030年までに1兆円を投じる計画だ。中国、国家科学院。ここだけで20以上の研究プロジェクトが動いて良いる。その中でグルタル酸血症という難病が研究されている。体内の遺伝子のうち特定の遺伝子が働かない病気と考えられている。患者数が少なく解明されていない。まずはどの遺伝子が原因なのか突き止めることにした。ある遺伝子が働かないことにより起こることが分かっており、ゲノム編集により片っ端からある特定の遺伝子を働かないようにして調べた。マウスの遺伝子を色々な遺伝子を切って症状が現れるか調べた。グルタル酸血症の原因となる遺伝子を突き止めた。ならば逆に正常に働くその遺伝子を組み込むことにした。これによりグルタル酸血症を治せるのではないか。グルタル酸血症の症状を起こすマウスに正常な遺伝子を組み込むゲノム編集を注射すると、正常な遺伝子が遺伝子に組み込まれ、一ヶ月ほどで歩けるまで回復した。ゲノム手術である。マウスはこの治療で症状を和らげることができた。遺伝子の異常で起こる症状をゲノム編集でマウスで再現し遺伝子の異常を特定できることがゲノム編集で簡単にできるようになった。遺伝子の異常によって起こる病気は5000種類と言われまだ原因遺伝子が分かっていない病気が3000種ぐらいあり、約8000種ぐらいの原因があると考えられている。血友病や筋ジストロフィーも含まれる。

 がんを根治!ゲノム手術の威力

 アメリカ、マサチューセッツ工科大学で研究する王皓穀氏。ゲノム編集により全く新しい治療を研究している。体内で免疫をしているT細胞。がん細胞を見つけ退治する頼もしい存在。ところがその表面にPD1と言われる場所がありそこがふさがれると働きが弱まる性質がある。実はがん細胞は巧みにPD1を塞ぎ攻撃力を弱めている。そこで特別なタンパク質でPD1をブロックしがん細胞によるPD1を塞ぐことを防ぐ免疫力が注目されれている。しかし王氏はいっそのことT細胞からPD1をなくしてしまったらよいのではないかと考えた。早速ゲノム編集でPD1を作る遺伝子を切り取ってしまった。その他に別の研究者が開発したがん細胞を見つけて捕まえる特殊な物質を作る遺伝子をゲノム編集で遺伝子に組み込んでみた。がん細胞に付け込まれるPD1を持たず逆にがん細胞を捕まえる腕を持ったスーパーT細胞を作り出すことに成功した。こうして作り出したスーパーT細胞をがん細胞に加えたところ、通常のT細胞では死んだがん細胞が15%だったのに対しスーパーT細胞は90%以上のがん細胞を殺していた。人でもスーパーT細胞増やせれば理論的には100%がんを殺すことが可能と思います。がんを撲滅する新たな治療法になるでしょう。ただPD1にも何らかの働きがあり、PD1はもともと免疫反応が過剰にならないようにする安全装置で、マウスの実験では自己免疫疾患が起こることも報告されている。その危険性も考えつつがんを抑えよく考えて使わないといけない。日本でもがんに限らず病気の細胞の異常な遺伝子を切り正常な遺伝子に入れ替え、再び体内に入れなおす治療の試みがおこなわれている。基礎研究の段階だか筋ジストロフィーの治療を目的をした実験がおこなわれている。

 ついに始まった!命を救うゲノム編集医療

 アメリカ、ロサンゼルス。ゲノム編集による治療の臨床試験がおこなわれている。治療を受けたマット・シャープ氏。29年前バレーダンサーだった頃にエイズウイルスに感染し朝と夜に薬を飲み続けても免疫が弱まりめまいなどの症状に苦しめられていた。臨床試験ではまず血液を採取し免疫細胞の対象はリンパ球。リンパ球は表面に特定の突起があり、エイズはその突起に結合しリンパ球に侵入し増殖し破壊して体内に広がってゆく。採取したリンパ球のゲノムを編集しこの突起を作る遺伝子を切り取ってしまう。そのリンパ球を患者の体内に戻すと体内で次第に突起を持たないリンパ球が増えエイズウイルスの増殖が食い止められると考えられる。治療を受け数ヶ月後免疫を示す数値が大きく上昇し薬の服用が必要ない状態まで回復した。本人も医者も効果に驚き、治療の道が見え始めている。現在は普通の人と同じような生活をされているという。最近はカクテル治療などでかなり改良されているが、ゲノム編集でエイズウイルスが感染しないようにするのは非常に効果的な方法といえる。その他アメリカでは血友病のゲノム編集治療の臨床試験が進んている。

 ゲノム編集では治療だけではなくヒトの受精卵での研究も始まっている。一昨年中国で人間の受精卵でゲノム編集がおこなわれて世界に衝撃を与えた。その実験では受精が失敗した受精卵を使用しそのままでは発生が正常には行かず途中で止まる受精卵を使っており、基礎的な研究を進めるための実験としている。技術的にはヒトの受精卵でゲノム編集をして母性に戻し発生がきちんと進んでゲノム編集で改変した遺伝子を持った子供が生まれるところまでは十分可能な段階に来ている。

 生態系ので変わる!驚異の遺伝子操作技術

 近年日本でも大騒ぎになったジカ熱やデング熱これらは蚊が媒介して広まる病気です。蚊に血吸われると様々な病気まで移されてしまう。マラリアを始め蚊が運ぶ病気は毎年100万人に及ぶと言われる。カルフォルニアでゲノム編集によって蚊が運ぶ病気の撃退を研究している。カルフォルニア大学アーバイン校、アンソニー・ジェームズ特任教授。マラリアの病原体は蚊に寄生するマラリア原虫の中にいる。蚊が人間の血を吸う際にマラリア原虫を人間に移す。そこでマラリアを撲滅するために、そもそも蚊がマラリア原虫に寄生されないようにすればいいと考えた。まずマラリア原虫の寄生を防ぐマラリア耐性遺伝子を見つけ出した。この耐性遺伝子を蚊の受精卵に組み込んだ。しかしこれによってマラリア耐性遺伝子を持った蚊は、このゲノム編集をした蚊だけ。耐性遺伝子を持たない普通の蚊と交尾した場合必ずしも子孫にマラリア耐性遺伝子を持った子が生まれず効率良く耐性遺伝子が受け継がれない。交尾相手の遺伝子に耐性遺伝子を組み込む新たな遺伝子を付け加えた。ゲノム編集遺伝子。別の蚊と交尾し受精卵ができるたびにゲノム編集がおこなわれ子孫はほぼ100%耐性遺伝子が受け継がれる。こうして一匹の蚊に耐性遺伝子を組み込めばやがて全ての蚊に耐性遺伝子を組み込ませることができる。遺伝子ドライブという新しい技術。計算上は2年以内にこの蚊しかいなくなると思われ、マラリアを撲滅することは可能なのです。実験で使用された蚊は厳重に管理され自然界には放たれてはいない。一度遺伝子ドライブを世に放てば取り返しがつかない結果を招いてしまう危険性がある。ある国でこの技術に許可が出て使用した場合世界中に影響を及ぼす可能性があり、世界各国が同じ基準で(遺伝子ドライブ)制限をかけなければ大きな影響を与える可能性がある。例えばヒトにゲノム編集を施しそれが世代を超えて広がるともう取り返しがつかないことになる。ある遺伝子を書き換えるのが良いのか悪いのかはわからない。

 

 参考資料


 NHKサイエンスZERO

 サイエンスZERO シリーズ・ゲノム編集(2)「がんを根治!?医療で始まる大革命」



[PR]
# by a2k_turedure | 2017-05-17 20:51 | 徒然なるままにサイエンスZERO | Trackback | Comments(0)

しんせかい

c0308505_20070009.jpeg
しんせかい
山下 澄人[著]/新潮社

 平成28年下半期 第156回 芥川龍之介賞
「しんせかい」

 演劇などはよくわからないが有名な脚本家が北海道富良野に学校を開き、19歳の山下スミトはそこへ向かっているところだった。二期生募集。その新聞は家に間違えて配達されたものだった。高校を卒業しアルバイトをしていた去年の暮れ。新聞にその記事は載っていた。入学金や授業料が一切かからないというのにひかれて応募したら受かった。フェリーで一緒になった塾生と迎えに来てくれた一期生と塾に向かった。先生から脚本や演劇のことの授業料はかからないが食費は近くの農家に手伝いに行って稼いでくる。一期生が入った頃は宿舎もなく全て一期生が作った建物で二期生が住む建物はまだ完成しておらず完成するまで近くの農家に寝泊まりした。一期生がピリピリしていたのは先生が何かと今度の塾生は良いよと何かと口にしていたから。塾では一期生による歓迎の創作劇が披露されたが途中で先生が怒り出してしまった。授業の中で台本に書かれていない動作を取り入れたが演劇をしたことのある同期からは脚本に書かれていない動作はしてはいけないと言われたが構わず実行したら先生にえらく気に入られた。

「率直に言って覚えていないのだ。あの晩、実際に自殺をしたのかどうか」

[PR]
# by a2k_turedure | 2017-05-12 20:07 | 徒然なるままに乱読記’17 | Trackback | Comments(0)

シリーズゲノム編集1 「生命を作り変える魔法の新技術」

NHK教育 サイエンスZERO  平成29年5月 7日 放送
専門家ゲスト 山本 卓 (広島大学大学院理学研究科 教授)(日本ゲノム編集学会会長)
 
 最新の科学技術が驚異の生物を生み出している。筋肉や身のつき方が尋常では無い牛や鯛。筋肉量が通常の二倍もある。こうした驚くような生物を生み出している技術がゲノム編集。ゲノム、生命の遺伝情報、生命の設計図。それを自由自在に切りはりできる技術がゲノム編集。海外ではいろいろな生物の遺伝子を書き換える研究が急速に進んでいる。ゲノム編集の研究者はヒトへの応用が可能だと言う。ガンやエイズなど治療が難しい病気への遺伝子レベルで撃退する可能性も見えてきている。サイエンスゼロでは二回シリーズで迫る。
 ゲノムとはDNAに書き込まれている遺伝情報をゲノムと言う。特定の遺伝子を狙い切り離してしまうと、修復され繋がってしまい遺伝子が編集できる。今現在、メインで使われているゲノム編集の技術は5年前に発表された。今では医療・農林水産・製造業へと応用が広がっている。
 和歌山県白浜町、ここでは京都大学と近畿大学のチーム。ゲノム編集したマダイを紹介した。卵から孵化し一年の立派な鯛。通常の鯛と比べると、筋肉量では2倍ほど増えた鯛を紹介し、研究者も、これほど劇的な変化があるとは思っていなかった。同じ条件でも通常のマダイと筋肉の量が違うのか。そもそも生物は筋肉が増えすぎてエネルギーが浪費しないよう筋肉の増加を抑える物質を持っている。それがミオスタチンというタンパク質。ミオスタチンを作る遺伝子をゲノム編集の技術で切って働かなくする。ミオスタチンが作られず、その結果驚くほどの筋肉の付いた鯛が誕生した。アメリカでも同じような実験で、お尻周りの筋肉がマッチョになったネロール
牛。ゲノム編集により卵アレルギーを起こすタンパク質を持たない卵を産む鶏を作った。ゲノム編集は食料の未来を大きく変える可能性に注目が集まっている。
 ゲノム編集により生産された牛を食べても大丈夫なのか。現在では実験段階なので、まだ食べているわけでは無いが、ミオスタチンの遺伝子が破壊された動物は自然の突然変異として食べられているので食べても影響は無いと思われるが、ゲノム編集で作ったことが他に影響が無いか確認は必要と思っている。ゲノム編集以前は放射線や化学物質を使って遺伝子に変異を与えていたが、どこに入るか分からず効率が悪かった。放射線による遺伝子を壊す方法は狙った遺伝子ではなくたまたま当たった別の遺伝子を傷つけ働かなくなってしまう。さらに大豆やトウモロコシで行なわれている遺伝子組換えは、従来は細菌などを使い、本来その生物には無い遺伝子をその生物に組み込むため、遺伝子がどこにいつく入るかをコントロールすることが難しかった。これまで狙った場所に狙ったように遺伝子組換えをする方法がなかった。ゲノム編集とは狙った遺伝子をうまく改変して他にはあまり影響がなく、良い品種のものがすぐ作れることでゲノム編集は優れ夢のような技術と言える。従来、だいたい作物の品種改良には5年以上の時間がかかっており、ゲノム編集では、これまでの半分以下に短縮できる。しかし方法自体はとても簡単で小さな研究室で顕微鏡を覗いて、特別の機材を必要とせず、受精卵にガラスの針を刺しゲノム編集用のタンパク質を注入するだけで、一個の受精卵にゲノム編集を施すのに2秒ほどで終了する。ゲノム編集に使用されるタンパク質の名が クリスパーキャスナイン(CRISPR-Cas9)このタンパク質を見つけ出したのは日本人研究員だった。
 九州大学農学部 石野良純 教授。生命科学の歴史を変えたクリスパーを発見した人物。30年前、温泉など100度近い高温や強い酸性の環境に住む生物。古細菌。とても原始的な微生物。地球に生命が誕生した頃から生活している特別な性質を備えていると考えられている。100度みたいな環境で自分の遺伝子を複製しどうやって生命を維持しているのかメカニズムを知りたかった。古細菌のゲノムを片っ端から解析しているうちたまたま見つけたのが、ある細菌が持つ不思議な遺伝子の配列だった。AGCTの四文字で表された遺伝情報の中に繰り返し現れる同じ配列を発見した[TCCCCGC GCGGGA]特徴的な繰り返しが「クリスパー」共通の繰り返しが一定間隔で並んで繰り返しが綺麗だった。今までの生物学的に知られていなかった新しい配列だった。遺伝子はT=A/C=Gがぴったりとくっつきやすい性質があり。この配列はどれもくっつきやすい配列になっていた。もし真ん中で折畳まれればぴったりとくっつく配列になっていた。のちの研究でクリスパーは古細菌の原始的な免疫システムと判明した。古細菌のゲノムにはクリスパーが飛び飛びに組み込まれている。そこへウイルスが感染するとウイルスの遺伝子を古細菌に入れ込む、異物を察知した遺伝子がウイルスの遺伝子の一部をキャスパーの間に取り込んでしまう。次にウイルスに感染した時、古細菌はクリスパーと先に取り込まれたウイルスの遺伝情報をRNAにコピーしクリスパーの部分が折りたたまれ動き回り、さらにハサミの役目をするキャスと呼ばれる酵素と合体しクリスパーキャスになる。これがウイルス遺伝子を見つけるとウイルス遺伝子にくっつきキャスのハサミかウイルスの遺伝子を切り離してしまう。これが古細菌の免疫システムと考えられる。単純な原核の単細胞生物で巧妙な免疫機能を獲得したなという。石野氏のクリスパーの発見から25年経ち思わぬ展開が待っていた。遺伝子修復の研究をしていたアメリカとはランスの研究チームのエマニュエル・シャルバンティエさんとジェニファー・ダウドナさん。折畳まったキャスパーの先に付いたウイルスの遺伝情報を遺伝子操作でゲノム編集で切りたい遺伝子の情報に付け替えるとゲノムの中からその遺伝子を見つけ出しちょきんと切ってくれることを発見した。これによってクリスパーを使ったゲノム編集技術は数年で世界中に広がった。他にもゲノム編集の技術は研究されているがクリスパーキャスを使った技術が非常に切断の活性も高くよく使われている。ウイルスの遺伝子配列に替えて動物や植物の改変したい遺伝子配列を付けることで古細菌の中でやっていたことと同じように動物や植物の細胞内で特定の遺伝子を切れる。今では研究者が切りたい遺伝子情報が付いたクリスパキャスナインが次々と作られている。アメリカの企業のホームページでは研究者が実験でゲノムから切り取りたい遺伝子を指定してカートに入れると一週間ぐらいで世界中の研究者の元に自分の実験のためのクリスパーキャスナインが届く仕組みが出来上がっている。今は基礎研究に使う目的のためだけに限られている。
 現在国を挙げて研究を進めている国がありそれは中国だった。めざましい経済発展を続けている中国では大学で若手研究者を集めた無料の講習会が毎週のように続けられている。参加者は研究者、農業者にベンチャー起業の経営者など様々。自身の研究やビジルスに生かそうと必死になっている。中国の研究者はゲノム編集は農業、畜産業、医療とあらゆる分野に応用できる、今後はどんな分野でも必要な知識になると思います。双子の犬でゲノム編集によりミオスタチンのない犬を作り出し注目を与えた。人の受精卵でも病気の遺伝子を切り離した受精卵を作り発表されている。おそらく人間でもあらゆる種類のゲノム編集ができるできる、ただし倫理的には大きな問題を持っている。ゲノム編集のルールについてまだ世界共通のルールがないが各国の取り組みは、遺伝子組換えと同じ性質を持ち、現在は遺伝子組換えと同じ扱い改変した生物を取り扱うのが基本となっており、ゲノム編集は微生物から植物・動物まで様々な生物で使えるので共通のルールを作ってゆく必要がある。特にヒトに関してのルールは重要である。技術的には動物でもヒトでも同じように扱えるようになっている。ゲノム編集技術は非常に簡便で特殊技術をもたない人でも実験ができてしまう側面があり使う目的と実験に応じて制約が必要となる。日本では腐りにくいトマトや医療の応用の研究を進め、その他には藻の中で油を作る藻で効率よく生産しエネルギーのための研究を進めている。
 次週はゲノム編集によ医療の現状を放送する。
 
 参考資料

 NHKサイエンスZERO


[PR]
# by a2k_turedure | 2017-05-10 21:55 | 徒然なるままにサイエンスZERO | Trackback | Comments(0)

ムーンライト

c0308505_23450625.jpg
ムーンライト
バリー・ジェンキンス 監督・脚本作品
トレバンテ・ローズ/マハーシャラ・アリ/ナオミ・ハリス/ジャネール・モネイ/アシュトン・サンダース/ジャレール・ジェローム/アンドレ・ホーランド/アレックス・ヒバート
第89回アカデミー賞 作品賞、脚色賞、助演男優賞
’16/米/1h51
山形フォーラム
平成29年5月8日

 ”リトル”
 薬の売人が街角に立つ街。売人の元締めフアンは子飼いの売人を回っている。フアンの元を少年らが駆け抜けてゆく。学校でリトルとあだ名されるシャロンがいじめっ子に追いかけられ廃屋のアパートの一室に逃げ込んだ。そこをフアンが保護したがシャロンは何も話さず恋人のテレサの元に連れ帰る。一晩テレサの家に泊まりやがて住所を話し母親の元に連れ帰る。シャロンは母一人子一人の生活をしていた。フアンは何かとシャロンを気にかけシャロンもフアンを父のように慕い、海で泳ぎを教わり自分の道は自分で決めろよ。周りに決めさせるな」と生き方を教わった。シャロンには男友達のゲヴィンが唯一の友達だった。家に帰っても母は男を連れ込みシャロンは行き場が無く、母はフアンの売人から薬を買っていた。シャロンはフアンが売人の元締めと知る。シャロンは”オカマ”と言う言葉の意味を訊いていた。ゲイを揶揄する言葉だと知った。
 ”シャロン”
 高校生になったシャロンは相変わらすいじめを受けていた。母親は薬に溺れ酩酊の日が多くなっていた。母親に今日は家に居るなと言われテレサの家に行き、テレサは昔と変わらぬ愛情で迎えてくれる。母はどちらが母親だとなじる。いじめられたシャロンが浜辺で佇んでいると偶然ケビンもやってきた。二人でマリファナのまわし飲みをしているうち唇を合わせ抱き合う。次の日学校でシャロンをいじめているドレッドヘアがゲビンが昔、拳で黒人をボコボコにしたことを持ち出し俺が連れてきた相手をボコボコにしてもらえるかと誘う。ドレッドヘアが連れてきた男はシャロンだった。ドレッドヘアに逆らえずケビンはシャロンを殴ってしまう。シャロンは抵抗もせずただ殴られ、最後にドレッドヘアらに取り囲まれ蹴りをいれられる。医務室で保護されていたシャロンは起き上がり教室に向かいそのまま椅子を売り上げドレッドヘアを叩きのめし、シャロンはアトランタの少年院に送られる。
 ”ブラック”
 アトランタで売人を仕切るシャロン。少年院で売人と知り合い体を鍛えるようになったシャロンは売人の世界でのし上がり売人を仕切り裕福な生活をしていた。ある晩、突然ケヴィンから連絡が入る。ケヴィンも悪さを繰り返し刑務所で職業訓練を受け調理人として自分で店を持つまでになっていた。シャロンに似た目をした客がかけた曲を聴きシャロンを思い出したという。連絡先はテレサから聞いたという。ケヴィンは久々に故郷に帰らないかと言う。来たら美味いものを食わしてやると。翌日、故郷へ帰り薬から脱却する治療を兼ねた施設で働く母と会い。夜ケヴィンの店にかつてフアンが乗っていたような車でやってくる。シャロンの変わりように驚くケヴィンだかすぐに打ち解ける。酒は飲まないと言うシャロン。だからケヴィンが出す酒は味合わずそのまま飲み干す。ケヴィンには妻と子供がいたが別れ今は一人で暮していると言い娘の写真を見せる。店じまいをし普段は電車やバスで帰るケヴィンをシャロンは車で送る。

[PR]
# by a2k_turedure | 2017-05-09 23:45 | 徒然なるままにキネマ’17 | Trackback | Comments(0)

カフェ・ソサエティ

c0308505_09002271.jpeg
カフェ・ソサエティ
ウディ・アレン 監督・脚本作品
ジェシー・アイゼンバーグ/クリスティン・スチュワート/ブレイク・ライブリー/スティーヴ・カレル/パーカー・ポージー/ジーニー・バーリン/コリー・ストール/ケン・スコット
’16/米/1h36
山形フォーラム
平成29年5月6日

 ニューヨークに住む平凡な青年ボビー。ニューヨークの生活に夢が持てず、ハリウッドでエージェントとして成功した叔父フィルを頼りにハリウッドで仕事を探す。頼みは母親が叔父に頼んだ電話だけ。叔父は仕事が忙しくなかなか会ってはもらえない。モーテルに滞在し三週間。やっと会ってもらえた叔父は特に今は割り振る仕事は無いと言ってはみたものの、叔父の雑用として仕事をもらった。叔父は秘書のヴェロニカ(ヴォニー)をハリウッドの案内役に付ける。ヴォニーは美人でしっかり者の女の子。ボビーはすっかりヴォニーに魅力を感じる。叔父の雑用としてパーティーなどでハリウッドの関係者に紹介される。美人のヴォニーには記者の彼氏がいると聞きながらも、叔父の雑用をしながらヴォニーと何度も食事や映画を見に行く。ヴォニーは手料理も得意だと言いボビーの自宅で料理を作ってくれると。しかし、ヴォニーからは用事ができたとすっぽかされる。じつはヴォニーはフィルと不倫関係にあってフィルが妻と別れヴォニーと結婚すると言っていたのだが、その日やっぱりダメだと、不倫関係の解消を言ってきた。傷心のヴォニーはボビーのところへ。傷心を知ったボビーはヴォニーを受け入れ二人は恋人同士になって、ホビーはニューヨークに帰り所帯を持とうとプロポーズする。しかし近頃、叔父で雇い主のフィルの元気が無い、不倫関係になっていた相手と別れたがどうしても忘れることができないと。相手が誰だか知らず好きならばと励ますボビー。フィルは妻に財産を半分渡し離婚する。そしてボビーは二人の関係を知ることになり、ヴォニーにどっちを取るのかと訊くとヴォニーはフィルを選んだ。ニューヨークに戻ったボビーは兄の手伝いでカフェ・レストランの経営を始める。兄は裏の顔を持ちニューヨークのギャングだった。話し合いと言いながら気に入らない相手を次々と殺してのし上がり、今の店の権利も経営者を殺して奪い取ったものだった。店の経営は順調で次々に街の有力者が贔屓にしボビーは顔を広げて行く。そんな時店に客としてやってきた美人のヴェロニカと付き合うことに。まもなくヴェロニカは妊娠し、ボビーはヴェロニカを始めてヴォニーと呼び結婚する。店の経営も順調に進むある日、兄が検察にマークされていることを知る。現市長は賄賂が通じず逮捕は免れないだろう。とにかくニューヨークを離れるしか無いと忠告を受ける。フィルとヴォニーが仕事でニューヨークを訪れボビーの店に寄る。兄は数々の不正に加え殺人の罪で死刑が決まる。幸いボビーの店に打撃とならず店は益々賑わっている。フィルのニューく滞在中は度々ヴォニーと出歩き、ついに二人ができなかったヴォニーの手料理を味わう機会を設けた。

[PR]
# by a2k_turedure | 2017-05-07 09:01 | 徒然なるままにキネマ’17 | Trackback | Comments(0)

時が見下ろす町

c0308505_20264328.jpeg
時が見下ろす町
長岡 弘樹[著]/祥伝社

 壁面に大きな時計を掲げた「時世堂百貨店」、この時計台に見下ろされる町
「白い修道士」
 年老いた夫の末期ガンを看取るために自宅で看病している老婦人。夫のすすめで趣味の写生会に参加するために留守番のために孫娘を呼んだ。写生会である植物の会話を聞いている。自宅に戻り孫娘が祖母に何故この家を買ったのかを訊いてくる。便利だからと答えたがこの地は二人が出会った場所だから。孫は抗がん剤に苦しむ祖父を見て白い物をシーツも含み取り去った。病気で苦しんだ者は反射的に病院を連想させる物に敏感になると言う。その日から孫娘は一緒に泊まり込むと言う。

「暗い融合」
 時世堂百貨店でクレーム処理の部署に就く男性。彼は会社の福利厚生に従って精神科医に通っている。彼の妹は精神科医の教え子で同じビルの病院に勤めている。男性は女性上司と共にクレーム処理に向う途中満員電車の中で眠気を感じ誰かに手首を掴まれた感じがしていたが痴漢で告発された。

「歪んだフォーム」
 県警に努める刑事であるが、学生時代長距離走をしていた関係で県警の駅伝チームに呼ばれ代打で参加することになった。大会には見知った人物がいた。学生時代一緒に走った者がカメラマンとして中継車に乗っていたし、時世堂百貨店に隣接する製鞄工場の陸上部監督だった人物が県警の監督に移籍していて、監督には学生時代見てもらったことがあった。製鞄工場は昔何かの倉庫に使われていた。

「苦い確率」
 暴力団の末端組織の舎弟企業に所属する男は、何につけても運が悪かった。舎弟企業の資金も底をつきその日も裏で賭博を開いているパチンコ景品引換所で当たりそうもない賭けをした。これから百貨店脇に所有する倉庫に呼び出されていた。

「撫子の予言」
 百貨店に隣接する24時間営業のドラッグストアと、向かいにあるここも24時間営業の喫茶店でアルバイトをする男女。学生時代同じサークルだった二人は似た境遇でアルバイトを始めてから付き合うようになっていた。夜、体育会系のグループが大量にプロテインを購入して行った後に、何をするでもなく店内に残っている客が、少額の物を買って行ったがその際に「ちゃんと合わせておけ」と捨て台詞を残していった。彼女が努める喫茶店でレジから千円札を盗む事件が発生した。

「翳った指先」
 学校の先輩から執拗にお金を巻き上げられている。先輩は町のリサイクルシッヨップでゲームを買ってお釣りを持ってこいという。父は警備会社に勤めていたが百貨店に隣接する倉庫で強盗が発生した時、警備していたが逃げられ、その倉庫を使用していた経営者が先輩の親だった。金の無心ができずリサイクルショップにパソコンとプリンターを売り金を用意しようと考えたが上手く行かなかった。

「刃の行方」
 フリースクールから帰宅中の生徒がさらわれ、責任感から懸命に捜索を続ける男性の元に、犯行の一部始終を知らせる手紙が届いている。男性は末期ガンで百貨店脇のクリニックに通っていた。このクリニックは元は児童養護施設だった。

「交点の香り」
 夜を見計らって空き巣に侵入する。情報ではこの住人は夜遅くまで帰ってこない。窓を焼き切り雨音を気にし侵入し物色する時、住人が帰ってきて鉢合わせになった。幸い住人は目が悪いようで、男が見えていないようだった。男は児童養護施設でボランティア活動をし女は児童養護施設でピアノを弾いていた。

[PR]
# by a2k_turedure | 2017-05-05 20:27 | 徒然なるままに乱読記’17 | Trackback | Comments(0)
line

このブログは自分の気になったこと等を、徒然なるままにアップしていきますので、お暇な方は付き合ってやってください。


by a2k_turedure
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31